エッチ体験 オナネタ専用エロ体験談まとめ

Information

PR

生理中の31歳バツイチ女とハメたら血とザーメンでベッドが悲惨なことに・・【エロ体験談】

敦子は31歳のバツイチ女。

去年離婚してうちの会社に契約社員で入ってきた。

岡村孝子似でおっとりした感じのおとなしそうな可愛い女だと思った。

同じ課で仕事の接点も多く

話すことは多かったが別段付き合いがあるわけでは無かった。


そんな彼女と飲みに行ったのは先輩が彼女を連れてきたからだった。

てっきり先輩(独身)の彼女なのかと思ったら、

まったくの飲み仲間だとのことだった。

それから時々のみに行くようになり

年末飲み会のカラオケでみんなに見つからないようにキスをした。

その時だった

同じ課の男(27歳・既婚)と出来ていたのを彼女から聞いたのは。

そして彼とはもう喧嘩続きで別れそうになっていること。

そろそろ職場の人間にも知られかかっていること。

など。

ビックリしたがまあそれもいいんじゃないかと思い、

その時は終わった。

年が明けて二人で飲みに行くことになったとき、

カラオケでキスをして勢いでホテルまで行ってしまったのだが

その時は例の同じ課の男から携帯に電話が入り、

涙を流しながら「帰らせて」と言われ、

帰ることに。

金も無かった俺は1月の寒空の下、

始発が出るまでコンビニで過ごした。

もう関わり合うのはごめんだと思い

それからは職場の良き仲間として

つかず離れず距離を置きながら接していた。

ある4月の終わり頃、

暇そうにしている敦子からメールが来た。

「飲みに行こうよ!」との返事。

前回の件もあり、深入りするのはこりごりだったので

身構えて飲みに行く。

1軒目、9:00に終った。

まだ時間があるのでカラオケに行く。

11時に出れば終電に間に合う、

そう思い時計を気にしながら歌を歌った。

途中から敦子がいつものパターンでキスをしてきた。

俺も警戒しながらも理性と息子は暴発寸前。

「今日はとまっちゃおうかなぁ」

と敦子が言うので

「逃げる娘に付き合えない」というと

「今日は逃げない」との事。

ならとまっちゃえということで

近くのシティーホテルに。

高い出費は痛かったが

そんな事は言っていられない。

チェックインを済ますとシャワーを浴びる間もなく抱き合う。

ブラウスを脱がせブラジャーをはずし

期待通りの大きい胸にしゃぶりついた。

乳首のも小振りでたまらなかった。

しばらく吸い付いて

いよいよ下半身に手をかけようとすると

「今日は生理なの」との事。

「構わないよ」

とそのままスカートを脱がせ

ガードルとパンティを一気に脱がした。

バスタオルを敷かないとまずいとも思ったが

もうそんな事をしている余裕は無い。

胸から腰や足に舌を這わせ

ついに生理の血で汚れたあそこへ。

シャワーを浴びてもいないしにおいもすごくきつかったのだが

酔いも回っており思いっきり嘗め回す。

大き目のクリトリスが感度良く立っていて

そこに舌を這わせると狂ったようになっていた。

「もう駄目、来て」

という声で俺ははじかれたようにビンビンになった息子を

敦子の生理の血で汚れているあそこに一気に入れた。

敦子の中はとても暖かく包み込むように入り口が締まっていた。

多分素面だったらすぐにイッてしまっただろう。

しばらくピストンを繰り返し体位を替えようと思ったが敦子が

「足を持ち上げて入れると奥まで届く〜!!」

という声に負けてそのまま激しくピストン、ピストン。

敦子は途中で白目を剥いていて何回かイッたようだ。

俺もフィニッシュしようと更に敦子の中で激しくピストンを繰り返す。

そして全身に舌を這わせる。

脇の下をなめまくったとき敦子が

「そんなの変態!変態!!」

と叫びながら何度目かの絶頂を迎えた。

その声に俺は

「どこでいけばいい?」と聞くと、

かすれる声で

「中、中でいいよ」

と言ったので激しく突き上げながら

彼女の膣内に射精した。

しばらく射精の感覚が続き、

俺の精液が敦子の子宮にドクドクと送り込まれていく。

完全に放出が終った後、

俺は敦子の体の上に倒れこんで抱き合ったまま何度もキスをした。

敦子の体温や心臓の鼓動を感じながらいつまでも抱き合った。

いつまでも名残惜しそうに敦子の中にある息子を引き抜くと

生理の赤黒い血が混じった精液がドロドロと逆流してきた。

その場はそのまま寝てしまったが翌朝血だらけのベッドを見て

後始末が大変だった。

全部マットとかも洗ったが血は落ちず、

フロントにその旨を話してチェックアウトした。

二人とも出勤だったので俺も彼女も家に帰って身支度をして出てきた。

彼女は30分遅刻でやってきた。

目を合わせると彼女もニコッと微笑み返してきた。

その後二月経った。

彼女はこの前の合コンで知り合った男と付き合いたいということを言ってきた。

俺も彼女の幸せのためにそれがいいと思う。

彼女を愛しているから幸せになってほしい。




タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エッチ体験 オナネタ専用エロ体験談まとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます